犬のペットロスを克服した体験談

ペットロスを克服した体験談【犬】

愛犬が亡くなりペットロス症候群になった方がペットロスを克服した体験談です。
このペットロス体験談ブログを読んで、ペットロス症候群を克服するきっかけになれば幸いです。

 

深い悲しみと後悔、辛すぎる長期間のペットロスの症状が軽減されますように。

 

ペットロスの同じ痛みの体験談には、ペットロスを乗り越える方法が隠されています。

 

ペットロスを克服した体験談【愛犬の柴犬編】

 

31歳 男性 会社員の体験談

 

私は今から8年前に、ペットロス症候群になり、その後、ペットロス症候群を克服しました。
飼っていたのは柴犬で、私が小学生の頃から一緒に住んでいた大切な愛犬です。

 

 

愛犬の死去を知ったのは、本当に突然のことでした。
当時の私は社会人1年目で、ちょうどその頃は新人社員の研修合宿に参加をしていました。
3日間の日程でしたが、未熟だった私は失敗の連続で疲労困憊な時間を過ごしていました。

 

そんな合宿の帰り道に、母親からのメールで突然、愛犬の死去を知りました。
夜中に遠吠えをしたかと思うと、翌朝眠るように亡くなったそうです。

 

 

慌てて実家へ帰ると、そこには冷たくなって横たわった愛犬の姿がありました。
つい1週間前に会ったときにはまだ飛び跳ねられるくらい元気で、まさかその直後に別れを経験するとは思っていませんでした。
愛犬の死を知らせるメールを見たときには信じられない気持ちが上回っていたものの、
実際に亡くなった犬を目の前にした瞬間に私の中の何かが壊れていくような気がしました。

 

 

後日、ペット専門の葬儀業者に火葬をしてもらったのですが、火葬車を見ていると知らない間に涙が出てきたのを覚えています。
愛犬の遺骨を受け取った瞬間には腰から崩れ落ち、頭の中が真っ白になりました。

 

 

思えば愛犬はとても人懐っこくやんちゃな性格で、中学生の頃には顔を怪我させられたり、高校生の頃には毎日受験勉強を邪魔されたこともあります。
その度に叱ったりしたことはあったものの、いつもペットの愛犬は一生懸命に家族を楽しませてくれました。

 

冬は愛犬がいると暖かかったですし、毎晩一緒に寝ていたのを今でも覚えています。

 

 

火葬される愛犬を見て、それらの思い出たちが一気に私の感情へと流れ込んできたのでしょう。
31歳になった今でも、あの日ほど泣いた日はありません。

 

ですが仕事は待ってくれるわけがなく、1年目ですから簡単に休むこともできません。
私は必死になって、気持ちを切り替えようとしていた記憶があります。

 

 

単純に、会社で過ごす時間は多少の気休めにはなりました。
仕事での悩みは尽きなかったですが、寧ろ当時の私にはそうした悩みの方が向き合いやすかったです。

 

家族以外の人といると愛犬のことを考える時間が減り、上手く現実逃避ができました。
正面からのペットロスを克服するのは茨の道ですから、対処療法のように何とかその場凌ぎで過ごしていた形です。

 

 

ただ自分でも考えていた以上に、愛犬を失ったショックは大きかったです。それがペットロス症候群であるとも知らず、ただただ辛い日々が過ぎ去りました。

 

 

いくら仕事で気を紛らわせていても、他の社員がペットの話をしたり営業中に犬の散歩をしている人の姿を見たりすると、愛犬と重ねてしまい自然と涙が出ていました。

 

 

酷いときは1日中何も食べられず、心にある空虚感が拭えません。
身体は重く、何もする気がしないのです。今思えばその時既にうつ病寸前だったのだと思います。
ずっと心臓の鼓動が早くなり、じっとしているのさえ難しいこともありました。
何かの禁断症状のような、そのような感じです。

 

 

ついには家族へペットの話を持ち出すのを禁止したり、愛犬の写真を全て見えない場所に片付けたりもしました。
愛犬がいないのは知人に預けているからで、今も元気にしていると、そう妄想すると少し楽になっていた気がします。

 

 

結局はペットの死から逃げること、それが自我を保つ上で最も効果的な方法であり、ペットロスを克服する方法だったのでした。

 

 

ペットロスの悲しい感情の波を抱えたまま、気が付くと3ヶ月ほどが経過していました。
非常に情けない話なのですが、私はこのときになってもペットの死を受け止めておらず、いつしか躁鬱病のような症状を抱えていました。
急に愛犬の姿がフラッシュバックしては塞ぎ込み、何とか都合の良い妄想で解決しては活動的になり、逃げ方ばかりが上達していたのです。

 

 

ところが、そうしたダメな私に転機が訪れます。
それが、過去にペットロスを克服した経験したことのある人が書いたブログです。

 

ある日ネットサーフィンをしていると、不思議なことにこのブログがおすすめ記事として出てきました。
何も関連するようなワードは検索していなかったのですが、私は導かれるようにそのブログを訪問したわけです。
するとその人も、私と同じように当初は逃げることばかりしていたと書いてありました。

 

しかし愛犬の死から逃げることは、最もその愛犬を悲しませることであり、愛犬のためにも乗り越えなければいけないと書いていたのです。

 

この一文を見たときに、図星を突かれて倒れそうになりました。
確かに、その通りなのです。
都合良く愛犬の死から逃げようと思っても、そうすると愛犬の存在そのものを頭の中から消さなくてはいけません。

 

 

そしてあんなにも沢山の時間を一緒に過ごした家族の存在を、私のエゴで薄れさすなど許されないでしょう。
私は自分が何とか楽になろう楽になろうとばかり考え、後追い自殺すら考えなかったものの、天国へ行った愛犬の気持ちなど考えられていませんでした。

 

気が付くと、一度は片付けた愛犬の写真を再び並べ、それらの写真を号泣しながら抱き寄せたのです。

 

 

この日以降、私の愛犬の死に対する考え方が変わりました。
いつも愛犬はここぞの場面で、私に沢山の勇気をくれていた気がします。
先述の受験のときもそうですが、これが終われば一緒に遊ぼうねと話し掛けながら頑張れていました。
たとえペットである愛犬の姿がこの世からいなくなっても、そのことに変わりはありません。

 

プライベートも仕事も、常に愛犬が近くで見てくれていると思って過ごすようになったのです。
実際には何度か辛さの方が勝り崩れてしまいそうになることはあったものの、この考えを持つようになり徐々に以前の私を取り戻せていきます。
敢えて沢山愛犬のことを考え楽しい思い出に浸ることで、私の心の空虚感は埋まっていったのです。

 

 

本当の意味で愛犬の死を乗り越えて元気になれるまでには、約5ヶ月ほどを要しました。
ペットロスの克服というものが、こんなにも大変なことだとは知らなかったです。
その代わり、同時に大きく成長させてもらったような気もします。

 

 

悲しみや寂しさと向き合うことには、大変な勇気が求められるでしょう。
ですが大切なのは、自分が悲しんでいると愛犬も悲しいのだと気付くことです。

 

 

あれから長い年数が経ちましたが、これからも大切な愛犬を忘れず前向きに生きていきたいです。

 



ペットの気持ちを知りたいと思ったことはありませんか?


ペット占いでは、ペットの気持ちを霊視して、ペットと会話することができます。







ペット占いとは?


ペット占いでは霊視も含め以下の様々なことができます。


  • 今飼っているペットや、亡くなったペットの気持ちを霊視で知る
  • 今飼っているペットや、亡くなったペットと会話ができるペット交信
  • ペットが亡くなる寸前、飼い主に伝えたかったメッセージを知る
  • 亡くなったペットが今も側にいてくれているのかを聞く
  • ペット同士やペットと飼い主、又は新しく飼うペットとの相性を占う相性占い
  • ペットの運勢を占うペットの運命占い
  • 老化や病気などで弱ったペットへのヒーリングを行うペットヒーリング
  • 行方不明になったペットが現在どこにいるか?を霊視するペット捜索
  • ペットの運命・ペットの運勢
  • ペットの相性占い
  • ペットの結婚占い
  • ペットの風水・方位
  • ペットのラッキーカラー
  • ペットのパワースポット
  • ペットのラッキーアイテム


これらのことを、占い師を通じて電話1本で占います。


わざわざ占い師とペットを会わせることなく、またペットの写真も不要で
電話1本でこれらの占いや霊視・ペットの相性占い、ペットへのヒーリング、ペット捜索ができます。


ペット占い師について


一般的に犬や猫や鳥などの動物とは思うように会話ができません。


「散歩に連れて行って!」のワンワン!や、「お腹が空いたよ」のワンワン!、「かまってほしいよ」のワンワン!の違いは飼い主には区別がつくと思いますが、人間と動物とでは言語が違うのでペットが本当に何を思っているのかまでは分かりません。


しかし、霊感が強く霊視ができる占い師の中には飼い主を通じて感じる波動から、今飼っているペットや既に亡くなってしまったペットの気持ちや思いをキャッチ・理解することができるのです。


つまり、ペット占い師とは、霊視の対象が人間だけでなく、動物にも行える占い師ということです。ペットにしか霊視ができる占い師はこの世にいません。
普段から高い霊能力を持っているからこそ、動物の気持ちまで霊視できる占い師です。



一般的な、クリックするだけで占うネットのペット占いより、現実的で当たるペット占いです。
わざわざ占いの館まで足を運ぶことなく、占い師に写真を送る必要もありません。


占い師さんによって、霊視だけでなく、タロットを使ったり、四柱推命や九星気学など様々な占術を使って占ってくれます。


ペット占いができる占いサイト


ペット霊視



こちらのサイトがペット占いができる占い師が在籍している占いサイトです。


創業15年、会員数は20万人突破の老舗占いサイトです。


月間相談件数も2万件を超えていて益々成長している会社です。
スタッフの対応も良く、プライバシーマークを取得している企業なのでプライバシーも万全で、安心して相談することができます。



無料お試し ペット占い VERNISはこちら



ペット占いのやり方は?


ペット占いのやり方は簡単です。


まずはサイトの無料登録

まずは左上のオレンジ色のボタンからサイトへ無料登録しましょう。


月額や年額などの料金は一切かからず、無料で利用できます。
料金がかかるのは相談料のみです。


料金は、1分240円(税込)からペット霊視占いができます。


勿論、怪しいグッズを売りつけられたり、嫌なことを言われたり怒られたりすることはありません。
お客様サポートセンターが設置されていますので、そういう占い師はクビになり、在籍できないようになっています。



ペット占いができる占い師を検索


無料登録後、在籍占い師検索の得意な悩みのところにある「ペットの気持ち」にチェックを入れて検索してみましょう。


犬のペットロスを克服した体験談


すると、ペット占いができる占い師がピックアップされますので、占い師の写真やプロフィールを見て自分が心にピンときた占い師に占って貰いましょう。


ペット占いが得意なオススメ占い師

ペット占いができる占い師は200人以上いますので誰に占ってもらうか悩んでしまいますよね。
ペット占いでオススメな占い師は、


  • 夢路 (メロ) 先生
  • 瑚椛 (コカ) 先生
  • 八咫 (ヤタ) 先生
です。

電話で話すのはちょっと…と言う方はメールでのペッ占いも可能です。
メールでペット占いにオススメな先生は


  • 是空 (ゼクウ) 先生
です。

その他にも、蘭々 (ララ) 先生、詩恩 (シオン) 先生もペット霊視を得意としている先生です。


在籍占い師検索で「ペットの気持ち」にチェックを入れて、更にフリーワードで「魂」と入力して占い師を絞るのも良いでしょう。


支払い方法やその他諸々について

ペット霊視占いの料金は1分240円〜ですが、初回1,500円無料サービスや前払いポイント2倍サービスなど様々な無料サービスがありますので実際かなりお得にできます。
10分もあれば、死んでしまったペットの気持ちや、死後のペットとの会話が占い師を通して十分できます。10分電話で話すのは結構長いので色々なことを聞いたり伝えたりできます。


支払い方法は、後払いで銀行振り込み、クレジット、コンビニ払い、電子マネーなど様々な支払い方法があります。


ペット占いだけでなく、誰にも言えない恋愛の悩みや、仕事の悩み、人間関係の問題、家族関係、霊的な相談など、様々な悩みごとに応じています。



 


今も側にいる?亡くなったペットの気配のこと…


亡くなったペットがあなたに伝えたいメッセージ…


死ぬ間際に思ったペットの気持ち…


ペットが夢で飼い主に伝えているメッセージ…


飼い主が気付かないペットが抱える日常的ストレス…


あなたが次に飼ってはいけないペットの特徴…



あなたが愛するペット達が、早くあなたと話したがっています



無料お試し ペット占い VERNISはこちら




ペット霊視

関連ページ

猫のペットロスを克服した体験談
猫のペットロスを克服した体験談のブログです。ペットの猫が死んでペットロス症候群になった人がこの体験談ブログを読んで猫のペットロスを克服するきっかけになれば幸いです。死んだ猫に会いたい!後悔や長期間の辛すぎる症状を乗り越える方法が体験談にはあります。
ペットロスを克服した体験談【鳥】
鳥のペットロスを克服した体験談のブログです。ペットの鳥(文鳥・インコ)が死んでペットロス症候群になった人が体験談を読んで鳥のペットロスを克服するきっかけになれば幸いです。後悔や長期間の辛すぎる症状を乗り越える方法がペットロス体験談にはあります。
セキセイインコのペットロス
ペットロスといえば犬や猫だけかと思われがちですが愛鳥家にとって飼っていた鳥が亡くなることはとても悲しいこと。飼っていたセキセイインコを亡くした方の体験談です。ペットロスを乗り越えた方の体験談でセキセイインコのペットロスを克服しましょう。